世の中の出来事通信
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 心臓の筋肉、別種細胞から作製=遺伝子導入で直接転換―マウスで初成功・慶大助教ら | main | 復活誓う…押尾被告の“獄中ノート”公開へ >>
遼は37位発進、ウッズは出遅れ/ブリヂストン招待
ブリヂストン招待・第1日(5日、米オハイオ州アクロン・ファイアストーンCC南C=7400ヤード、パー70)世界選手権シリーズの第3戦が開幕し、初出場の石川遼(18)は1バーディー、2ボギー、1オーバーの71で回り、37位発進となった。石川は出だしの1番でバーディーを奪い好スタートを切ったが、その後はバーディーを奪えず8番と9番で連続ボギーを叩いた。後半は全てパーセーブで我慢のゴルフが続いた。昨年の覇者、タイガー・ウッズ(米国)は2バーディー、6ボギー、4オーバーの74で70位と大きく出遅れた。池田勇太(24)は52位、宮本勝昌(37)は37位発進。B・ワトソン(米国)が6アンダーで単独首位に立った。飛距離向上でスコアメークをもくろむ遼クンが、新たな武器を“履いて”怪物コースに挑む。「ヨネックスの担当者からは『靴でも飛距離が伸ばせる』といわれた。大会でも履こうと思っている」これまでのプラスチック製のソフトスパイクから、メタル製の滑り止めを装着したものに変更。これでスイング時の踏ん張りがよくなった。4日は新スパイクを履き、「モンスター」と呼ばれる今季米ツアー最長667ヤードの16番(パー5)の第1打で、360ヤードをマーク。2オン狙いは回避したが「(試合では)もう少し飛んでくれたら狙っていく」と手応えは上々だ。来週は、さらに距離が長い7507ヤードの全米プロが待つ。今大会を新兵器で挑む遼クンが、次戦メジャー最終戦の突破口をもつかみとる。

ワザポン用コードで攻略
ネルシャツでワンピ
近畿労金の情報
フラウインターナショナルと韓国
袴(はかま)のヘアースタイル
JUGEMテーマ:これは気になるっ!

Posted by : dashfur307 | 出来事通信B | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 12:47 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://yononakatusin.jugem.jp/trackback/13
TOP