世の中の出来事通信
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 仏・国連が軍事介入 | main | 旅立ちの春 15歳 「亡き母、甲子園に連れて行く」 >>
被災地、ツツガムシ病に要注意
患者多発の恐れも。東日本大震災の被災地で、ダニの一種ツツガムシによる感染症「ツツガムシ病」がこれまで発生していなかった地域でも多発する恐れがあるとして、国立感染症研究所は5日までに、注意を呼び掛けた。ツツガムシ病は、農作業や土木作業、レジャーなどの際、リケッチアという病原体を持つツツガムシに刺された後、5〜14日たって発症する。発熱、発疹が主な症状で、適切な治療をしなければ重症化することもあるという。4類感染症として報告対象になっており、地域によって春先や秋に発生のピークがある。同研究所によると、福島県の60代の男性が3月22日にツツガムシ病と診断された。刺されたのは2月末の草刈り時とみられる。同県は春と秋に発生のピークがあるが、従来晩秋に発生が多い地域だった。同研究所は「東北地域の春のツツガムシ病シーズンが始まったことを意味し、臨床現場では注意が必要」と指摘。また、土砂災害によって有毒ツツガムシが生息していた土が流され、これまで患者が発生していなかった地域で発生する可能性があるとしている。感染を防ぐため、山林・土木作業の際にはツツガムシが吸着しないよう肌の露出を避けた服装をし、虫よけ剤を使用。作業後は着ていた服をすぐ洗濯するか屋外で天日干しすることなどを心掛けてほしいとしている。


関節リウマチの症状
ピーリングジェル
身長を伸ばす方法
早期妊娠検査薬の陽性反応
人気の日焼け止めクリーム



Posted by : dashfur307 | 出来事通信C | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 10:53 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://yononakatusin.jugem.jp/trackback/24
TOP