世の中の出来事通信
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 旅立ちの春 15歳 「亡き母、甲子園に連れて行く」 | main | 被災者雇用すれば助成金 >>
放射性物質 浪江町で屋内退避の目安超え
福島第1原子力発電所周辺の累積線量結果3日現在、単位はミリシーベルト。文部科学省は4日、福島第1原発から北西約30キロの福島県浪江町国道399号沿いの累積放射線量が先月23日から今月3日までで10.34ミリシーベルトに達し、屋内退避の目安となる10ミリシーベルトを超えたと発表した。人工被ばく年間限度の1ミリシーベルトの10倍を上回った。そのほか、北西30キロの飯舘村で6.11ミリシーベルト、西北西30キロの浪江町の別の地点で4.664ミリシーベルトとなった。原発から20〜60キロ離れた福島県内45カ所の屋外で4日午前6時〜午後6時にかけて実施したモニタリングカー調査の結果は、大気中放射線量が1時間当たり0.0002〜0.057ミリシーベルトだった。3日に採取した水道水1キロでは、8都県で放射性ヨウ素0.74〜7.8ベクレル、5都県で放射性セシウム0.24〜5.8ベクレルを検出した。ヨウ素とセシウムがともに検出されたのは栃木、群馬、埼玉、千葉、東京の5都県だった。また、都道府県に設置する自動観測局は4日、午後5時現在で宮城、茨城、栃木などの7都県で1時間当たりの大気中放射線量が依然、通常値を超えている。


ワキガ対策で悩む
若ハゲの原因と対策
腸内洗浄の効果
低炭水化物ダイエット
座骨神経痛・ぎっくり腰



Posted by : dashfur307 | 出来事通信C | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 11:00 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://yononakatusin.jugem.jp/trackback/26
TOP